東御市観光協会からのお知らせ

東御市観光協会からのお知らせ 湯の丸高原レンゲツツジ開花情報

湯の丸高原レンゲツツジ開花情報

湯の丸高原のレンゲツツジ大群落は、
国指定天然記念物にも指定される貴重な自然資源です。
毎年6月中旬~下旬頃、約70万株が山肌を朱に染め上げる様子は圧巻で、
多くの方が散策を楽しまれています。

 

今年は春から暖かく、開花状況のお問合せも日に日に増えてきておりますので、
ホームページでも随時開花状況をお知らせいたします。
○5月16日
まだつぼみは固く、葉も出ていません。
180516azalea_1

遠くから見ると、まだ冬の景色のよう。
180516azalea_2

ちなみにレンゲツツジは落葉低木ですので、冬の間は葉を落とします。

 

レンゲツツジの開花はまだのようですが、
今の時期に湯の丸高原へ登ると、木々の芽吹きの変化を感じる事ができます。
標高1000mを少しあがった所にある奈良原温泉の近くでは、
深緑も美しく芽吹き、レンゲツツジも7分咲きぐらいで、
薄いオレンジの花を咲かせています。
DSC_0134

更に山の上の方へ近づくと、青々としていた木々の緑が徐々に薄くなり、
更に視線を上げると、山頂近くの木々はまだ枝のみ。

湯の丸高原の地蔵峠を越えて、池の平湿原まで上ると、
カラマツの新緑が芽吹き始めたばかりの様子で、
可愛らしい鮮やかな新芽を見る事が出来ます。
シャクナゲもつぼみが固く、開花はまだ先のよう。
180516yunomaru

レンゲツツジの開花も待ち遠しいですが、
湯の丸高原までの新緑の変化も爽やかで、目を楽しませてくれます。
木々の芽吹きもぜひ、お楽しみ下さい。

 

※湯の丸高原地蔵峠付近では、
現在高地トレーニング用プールの建設工事を行っています。
工事用車両が通行しますので、ご注意下さい。