東御市のグリーンツーリズム

東御市のグリーンツーリズム

 

greentourism_2023

 

グリーンツーリズムについて

グリーンツーリズムとは

グリーンツーリズムとは、「緑豊かな農山漁村でゆっくりと滞在し、訪れた地域の人々との交流を通じて、その自然、文化、生活、人々の魅力に触れ、農山漁村でさまざまな体験などを楽しむ余暇活動」のことです。これは、イギリス、フランス、ドイツ等、西ヨーロッパ諸国の都市住民の間で広く定着しています。

日本国内においても近年、旅行者のニーズはその土地ならではの体験や地域の人々とのふれあいを楽しむ旅へと変わりつつあり、豊かな自然、四季のうつろい、その土地ならではの食事や伝統文化など、たくさんの魅力をもつ農山漁村への関心が高まっています。みなさんも、信州東御市でグリーンツーリズムを体験してみませんか。

東御市のグリーンツーリズム

東御市では、野菜果物等の収穫体験から農山村の文化体験、さらには就農に関心のある方々にとっても入り口となるような機会を提供して参ります。豊かな自然とのどかな田園風景の中に身を置き、特別ではない普段の田舎暮らしや、地域の方々との触れ合いを通じて、まるで暮らすように東御での時間をお過ごしください。

体験プラン内容

plan-list

春(3月~5月)vf 夏(6月~8月)vf 秋(9月~11月)vf 冬(12月~2月) 通年vf
農作業体験vf 食の体験vf 工芸体験vf (2) 自然体験vf その他vf

ご利用案内

利用の流れ

STEP1:
お申込
グリーンツーリズム体験プラン内容より、体験を希望されるプランをお選びください。プランが決まったら、(一社)信州とうみ観光協会へ下記のお申込フォームよりお申込ください。

registration-form

STEP2:
受付確認
受入れの可否を(一社)信州とうみ観光協会より、ご返信致します。
STEP3:
当日
参加が確定しましたら、当日、体験プラン受け入れ先に体験料金をお支払いください。(※原則として現金のみの取扱いです)

お問い合わせとご相談

体験プランの申込み、お問い合わせ及びご相談は、(一社)信州とうみ観光協会のグリーン・ツーリズム担当者がお受けします。次のようなときもご相談に乗らせていただきますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

  • 体験プランについて詳しく聞きたい
  • 旅行、体験プランのスケジュール調整ができないか
  • 複数の体験プランを利用したい
  • 体験したいプランがホームページに掲載されていない
  • 体験プランを利用しつつ、観光もしたい
  • 食事をとれる場所や宿泊施設を紹介して欲しい   等

問い合わせ先

(一社)信州とうみ観光協会 グリーンツーリズム担当者

TEL:0268‐62‐7701 Mail :info@tomikan.jp

宿泊のご案内

グリーンツーリズム参加時のご宿泊についても、ぜひお気軽にご相談ください。古民家に宿泊する民泊や、眺めの良いコテージ、一棟貸しのお宿もございます!

東御市内の宿泊施設一覧

よくある質問

東御市はどんなところですか。

東御市は、長野県の東部に位置する標高差1500mの豊かな風土と歴史に恵まれた美しい市です。
日本の道百選に選ばれた北国街道海野宿は江戸時代の面影を残し、現在では観光の要所となっています。市の北部にかかる上信越高原国立公園の「湯の丸高原」は、レンゲツツジの大群落、コマクサ、アヤメ、マツムシソウなど、多種類に及ぶ高山植物の宝庫で、フラワートレッキングに最適の”花高原”として親しまれています。
練馬ICから車で2時間、東京から新幹線で1時間半強、小牧JCTから車で3時間強、大阪から鉄道で3時間半と、都市部からも近く、陽あたり最高、雪は少なめのほどよい田舎です。

東御市の農産物等を教えてください。

巨峰をはじめとしたブドウ、くるみ、白土ばれいしょ、トウモロコシ等のほか、近年は複数のワイナリーが設立され、地元産のブドウ等を使ったワインなどもあります。

体験プランを利用するときに、必要なものはありますか。

服装や持ち物等は、体験プラン紹介のページを参考にしてください。
なお、体験プラン紹介ページで傷害保険・損害保険の加入について記載のない体験プランは、基本的に傷害保険及び損害保険に加入しておりません。あらかじめ国内旅行保険への加入をお勧めします。

体験プランの募集について

東御市のグリーンツーリズムでは、体験プランを随時募集しております。新たにご提供を検討いただける方に対しては、担当者が事業の概要などについてご説明いたします。また、新プランの開発・ご提案についても、ご相談を承ります。どうぞお気軽に(一社)信州とうみ観光協会までご連絡ください。

 

 

更新日:2023/5/28

「体験する」カテゴリー

就農体験

収穫体験

その他の体験